LOADING...

ファミール産院きみつ

Menu

無痛分娩Painless delivery

TOP診療案内産科無痛分娩

当産院では出産時の痛みを和らげ、産後の回復が早いと言われている無痛分娩をお選びいただくことができます。
赤ちゃんを迎える出産はとても幸せなものですが、出産時の痛みへの不安が強い妊婦さんは少なくありません。
無痛分娩は痛みによる不安や苦痛を緩和することで、リラックスして赤ちゃんとの出会いを迎えられるお産方法です。

無痛分娩とは

無痛分娩とは
無痛分娩とは、麻酔を用いて出産時の痛みを和らげる分娩方法です。
欧米諸国では広く行われており日本でも無痛分娩の割合は増加の傾向にあります。
強い痛みを和らげることでママは心も体も負担を減らすことができ、産後の早期回復が期待できます。また、全身麻酔ではないので、赤ちゃんが降りてくる感覚や、お腹が張る感覚をしっかりと感じとることができ「自分で産んでいる」という満足感も得られます。
通常分娩と同じように、産後すぐに赤ちゃんを抱っこしたり、おっぱいをあげることも可能です。

硬膜外麻酔の方法

硬膜外麻酔の方法

※クリックすると拡大します

硬膜外麻酔の方法

※タップすると拡大します

当産院では、安全性が高く赤ちゃんへの影響がほとんどないと言われている「硬膜外麻酔(こうまくがいますい)」による無痛分娩を行っております。
硬膜外麻酔は脊椎(せきつい)の中にある硬膜外腔(こうまくがいくう)に硬膜外カテーテルと呼ばれる細いチューブを入れ、そこから局所麻酔薬を入れて痛みを和らげる麻酔です。
この麻酔は、痛みを伝える知覚神経は麻痺させますが、運動神経は麻痺しないためにいきむことも出来ます。
カテーテルを入れる前に痛み止めの注射をするので、痛みを感じることもほとんどありません。
麻酔中は足の感覚が鈍くなるので、麻酔の程度により歩行制限があります。

メリット・デメリット

無痛分娩は、お産の強い痛みを和らげることが出来る優れた分娩方法の1つです。
ただし、無痛分娩にもいくつかのデメリットがあります。
無痛分娩のメリット、デメリットを十分ご理解いただいたうえで、ご希望の分娩方法をお選びください。

メリット

  • 陣痛の強い痛みを和らげることができる。
  • 他の鎮痛法より効果が期待でき、胎児への影響がほぼないと言われている。
  • 外陰部や腟の縫合時に痛みがない。
  • 緊急帝王切開になったとき、速やかに手術に取りかかることができる。
  • 体力の温存が出来るため、分娩後の回復が早い傾向にある。

デメリット

  • 麻酔薬の影響で陣痛が弱くなり、分娩の進行が遅れることがあります。そのような時は、促進剤を使用したり、吸引や鉗子分娩になる場合もあります。
  • かゆみ、発熱、血圧低下、感染症、出血、異常感覚、頭痛が生じる可能性があります。頭痛については産後時間をおいてから生じることが多いです。(発生頻度は1%程度です。)
  • 硬膜外カテーテルが一定の確率で迷入すること(硬膜外以外の場所に誤って入ること)があります。硬膜外麻酔で使用する量の麻酔薬が血管内に入ると局所麻酔薬中毒(痙攣)が起こり、くも膜下に入ると全脊麻(意識消失、呼吸停止、脳神経麻痺、すべての反射消失、瞳孔散大)が起こる場合があります。しかし、全身状態を観察しながら麻酔を進めることで、上記症状の発生を最小限に留め、仮に発生した場合も適切に対処することができます。

当産院の無痛分娩について

当産院では日本麻酔科学会認定専門医である淀川祐紀医師の監修のもと、安全に留意し無痛分娩を行っています。
また、無痛分娩を考えている妊婦さんが、無痛分娩についての理解を深めることができるよう『無痛分娩クラス』も開催しています。

淀川 祐紀医師

麻酔科専門医 産婦人科専門医

淀川 祐紀医師

経歴

・2009年3月
千葉大学医学部卒

・2009年4月ー2011年3月
岩手県立大船渡病院 初期研修(東日本大震災を経験)

・2011年4月ー2015年8月
岩手県立中部病院
(2011.04ー2013.03 麻酔科)
(2013.04ー2015.08 産婦人科)

・2015年9月
船橋中央病院
周産期科・麻酔科

無痛分娩クラス

無痛分娩を希望される方、興味をお持ちの方は是非ご参加ください。

日時
木曜日午後4時から30分程度
(月2回/予約制)
内 容
①硬膜外麻酔とはどのようなものか
②無痛分娩の良いところ、気をつけなければいけないところ
③計画分娩とはどのようなものか
※予約は当産院受付、お電話、Web予約にて承っております。
※参加費用は無料です。

費用

普通分娩費用+8万円
※夜間休日に分娩となった場合や、薬剤の追加等があった場合は別途料金が加算されます。
※上記費用は無痛分娩クラスを受講いただいた場合の費用となります。
受講されていない方は上記に加え2万円加算させていただきます。
お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.0439-57-1135
診療予約Reserve